2016年

インフルエンザ 初期症状

インフルエンザは、一般的に急激な発熱を伴う初期症状が特徴になります。
しかし、実は発熱以外にも、さまざまな初期症状の特徴があります。
インフルエンザの症状は、風邪と類似している特徴があるため、風邪と誤って判断してしまうリスクがあります。
風邪薬をいくら飲んでも、インフルエンザの症状が軽くなったり、回復したりはしません。
そのため、インフルエンザの初期症状を知り、正しく判断することが早期発見、早期治療に有効です。
また、乾燥に強く、感染力も非常に強いウイルスのため、秋から冬にかけて、爆発的に流行します。

わずか数十秒でインフルエンザ・ノロウイルスなど99.9%除菌の秘密

ここでは、インフルエンザの主に初期症状に始まり、大人・子供別の判定方法や、子供の脳症などについて詳しく、そして、わかりやすく解説します。

⇒ インフルエンザの初期症状とは ⇒ 重症化の症状の特徴
⇒ インフルエンザ 大人の初期症状 ⇒ インフルエンザ 子供の初期症状
⇒ 子供の初期症状(脳症)の判定方法 ⇒ 子供の初期症状(重症肺炎)の事例

2013年01月13日

A香港型インフルエンザの特徴 子供の脳症の初期症状

2009年に爆発した新型インフルエンザは、現在では季節型となどパンデミックを起こすほどの脅威ではなくなっています。

2013年のインフルエンザの症状として主力となっているのがA香港型インフルエンザです。

2012年も同じくA香港型インフルエンザが主な流行となっていました。

2013年以降、2014年もこの傾向が継続する可能性があります。

A香港型インフルエンザの初期症状の中でも、とても重要な特徴があります。


・A香港型インフルエンザは、他の型と比較して子供の脳症の重症化リスクが高い


子供がインフルエンザによって脳症の症状を発症した場合、重症化して死亡する危険があります。

そのため、脳症を発症した時の初期症状を見極めることはとても重要な意味を持ちます。

早期に脳症を判断できれば、それだけ早期治療にもつながります。

子供は大人と違って体力が弱く、重症化したときに死亡するリスクが高まります。

また、子供は症状を上手に大人に伝えることができないこともあります。

インフルエンザに感染して発病したときの初期症状を注意深く観察することが大切であり、それによって、症状が重症化かどうか見極めることができる可能性があります。

子供の脳症や重症化の初期症状の特徴は「けいれん」です。

このけいれんをよく観察することが大切です。

それでは、子供の脳症や重症化した際の初期症状の見分け方を紹介します。


・重症化、後遺症、死亡のリスクがあるけいれんは「複雑型けいれん」


・けいれんが15分以上継続している


・繰り返し発生している


・体の左右でばらばらに発生している


・けいれんが治まったあとも意識がはっきりしていない



これらの初期症状がみられた時には脳症を発症している可能性があるので、すぐに病院で診察することを推奨します。

また、同時に異常行動や異常言動を伴う場合もあります。

子供のインフルエンザ脳症にみられる異常行動や異常言動の詳細は、「インフルエンザ 異常行動・言動・言葉 初期症状から子供の脳症を判断」を参照ください。

これらの特徴が複数見られた場合や意識レベルが悪化している場合には、速やかに医療機関へ受診しましょう。

スポンサードリンク:

【インフルエンザ 初期症状の判定(子供の脳症)の最新記事】
posted by インフルエンザの初期症状をねらえ at 22:51 | インフルエンザ 初期症状の判定(子供の脳症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。