2016年

インフルエンザ 初期症状

インフルエンザは、一般的に急激な発熱を伴う初期症状が特徴になります。
しかし、実は発熱以外にも、さまざまな初期症状の特徴があります。
インフルエンザの症状は、風邪と類似している特徴があるため、風邪と誤って判断してしまうリスクがあります。
風邪薬をいくら飲んでも、インフルエンザの症状が軽くなったり、回復したりはしません。
そのため、インフルエンザの初期症状を知り、正しく判断することが早期発見、早期治療に有効です。
また、乾燥に強く、感染力も非常に強いウイルスのため、秋から冬にかけて、爆発的に流行します。

わずか数十秒でインフルエンザ・ノロウイルスなど99.9%除菌の秘密

ここでは、インフルエンザの主に初期症状に始まり、大人・子供別の判定方法や、子供の脳症などについて詳しく、そして、わかりやすく解説します。

⇒ インフルエンザの初期症状とは ⇒ 重症化の症状の特徴
⇒ インフルエンザ 大人の初期症状 ⇒ インフルエンザ 子供の初期症状
⇒ 子供の初期症状(脳症)の判定方法 ⇒ 子供の初期症状(重症肺炎)の事例

2015年11月08日

インフルエンザの子供の異常行動 脳症の初期症状 事例数

子供のインフルエンザの発症で、もっともリスクが心配になる症状や悪影響があります。

インフルエンザの影響と指摘されている子供の異常行動や脳症です。

インフルエンザ脳症が疑われる初期症状として「子供の異常行動」があります。


しかも、子供の場合は、大人と異なり体力が弱いため、脳症が重症化した場合に、命のリスクに発展するケースもあります。

そのため、インフルエンザ脳症では、子供の異常行動などの初期症状を見極めることが重要になります。
(詳細は、「インフルエンザ 異常行動・言動・言葉 初期症状から子供の脳症を判断」参照ください。)

一方で、インフルエンザ脳症や子供の異常行動の事例数(発症件数)は、それほど多くないのも実態です。

2015年に発表された厚生労働省の専門研究班からの報告から事例数の実態がわかります。

主な調査報告を紹介する。

それでは、インフルエンザ脳症の初期症状ともいえる異常行動の事例数などを紹介します。


・2015年11月6日 報告を発表

・厚生労働省の専門研究班による報告

・インフルエンザ治療薬と異常行動の関連性も調査

・インフルエンザ発症後の異常行動の症例数

・対象は、異常行動の中で重い症例が対象

・高いところが飛び降りるや突然走り出すなど

・対象年齢は、1歳から16歳の子供

・症例件数は、57人

・インフルエンザ治療薬の服用者 21人

・解熱剤も含め、まったく服用していない者 11人

・解熱剤服用か、詳細不明 25人

・そのため、インフルエンザ治療薬との関連性も不明



インフルエンザ脳症の発症とインフルエンザ治療薬との関連性は、この調査結果だけでは判断できないとの結論のようです。

また、この調査報告では、症例数が57件と少ない結果ですが、医療機関へ相談や治療が無ければ、今回の報告には反映されません。

軽度の異常行動で、様子見をした場合やそもそも医療機関に行かなかった場合は、カウントされませんので、実際にはもう少し多い件数となります。

いずれにしても、インフルエンザ脳症は、重症化した場合に、命に係わる可能性があるため、異常行動の件数が少ないからと言って、油断は禁物です。

インフルエンザを発症した場合には、子供の異常行動の有無について、注意しておくことが大切です。

インフルエンザ脳症の初期症状の特徴もしっかり事前に把握しておきましょう。

スポンサードリンク:
【インフルエンザ 初期症状の判定(子供の脳症)の最新記事】
posted by インフルエンザの初期症状をねらえ at 12:32 | インフルエンザ 初期症状の判定(子供の脳症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。